ドンキホーテと地方外食に学ぶ

???「猛暑の中のお盆商戦」今年のお盆商戦は11日山の日、12日の日曜日となり、各社の商戦スタートは11日又は12日からと早まった。各社のチラシ日程を見ると・8/11〜14・8/12〜14 、一番多かった。・8/12〜15従って、お盆商戦の日別売上のヤマ場は例年になく分かれたと思う。

惣菜に関して商品別に見ると?・猛暑が続いていることも重なり、各店共に寿司に力が入っており、? 1人前は¥598〜、¥698〜、¥780〜と 1人前プライスポイントをどこに絞るか、 ハレの日には平日より下限を上げるか、変えないか、政策の違いが出た。 

?・オードブルは年々縮小傾向にあり、? ¥980を中心に下代は¥798、上代は¥1580、¥1980と サイズダウンが進んでいる。 Y社では単品惣菜の¥500均一、3点セット¥698に力を入れていたが、 商品選定の問題もあり、好評とは見えなかった。

?・米飯は各店共に牛飯¥598、豚重¥598、牡蠣飯¥680など? 肉系魚系の高単価商品を重点に展開していたが、 子供向けの米飯品揃えが少ない。

*外食の猛暑対策で話題になっている夏おでんなどの 商品開発が見えなかったのは寂しい。 夏おせちの品揃えをしている店もあったが、売れ行きは今一歩鈍い。

 「ドンキホーテHDの快進撃」スーパーはじめ小売業が停滞気味の中でドンキホーテHDの業績が好調だ。出店意欲は2019年6月期までに20店舗、ユニーとの共同運営店舗は新たに20店舗を増やす。更に西友買収にも興味を示している。

ドンキの快進撃を支える魅力・客層はどこにあるのか、同社では従来の店づくりを「時代遅れ」と自己否定し、ライフスタイルに必須のスマホで楽しめる店づくりを目指すと発表。来店者にスマホ情報を流し個別の購入を促す、又は店にある食材を使用するレシピの案内やクーポンの発行などゲームのように買い物を楽しめる非合理性の店づくりをするという。

買い物は労働の一部として時短を求める客層もあるが買い物は興味を持ってワクワク感で楽しみたい客層もおり、?非日常的な買い物客層はヤングからミドル層が中心になるようだ。?シニア層にもスマホを片手に買い物をするお客もいるかも知れないが、訪日外国人などは特にスマホ活用の買い物頻度は高い。

高く積み上げた商品、通路にはみ出る陳列、天井から吊り下げたPOPなど既存スーパーには見られない売場づくりはドンキの差別化になっている。?これらにデジタル武装した店作りはドンキの成長を支える力になっている。?

ウォルマートが売却を決め、ドンキは興味を示す西友はELDP政策の中で「楽しさ」や「付加価値」を付けた売場づくりが見られない。 

「増える中高年層の消費は期待出来るか」ニッセイ基礎研究所調査の年代別支出品目の物価上昇率を分析したところ、?2014年からの4年間で60歳以上では39歳以下の1.5倍となった。?高齢者がよく購入するものの価格が上がっている事を示す内容で物価上昇率は5.5%だった。

逆に高齢者年金の伸び率は鈍く、16年度の平均支給額は厚生年金平均受給額が月額14万8千円、国民年金は5万5千円と横這いが続く。従って、今後増える高齢者の買い物消費を期待するには無理があり、若者消費を取り込む施策がより重要になる。

「外食決算の増収減益が示すこと」外食大手の第一四半期決算は7割に当たる14社が増収減益になった。新店などで売上が増えた一方、人件費や原材料費のコスト増を吸収出来ない構図が鮮明になった。

外食各社の6月平均時給は993円でデータが取れる14年以降で最高額、原材料では輸入牛肉価格の上昇、国産野菜の値上がりなどの中、価格の引き上げは客離れになるので出来ないとする企業は多い。

大手外食が苦戦する中、地方では函館の「ラッキーピエロ」、北関東の「ばんどう太郎」など消費者から長く支持を集めている外食があり、それらの企業は大手が抱える問題点の・人手確保には地方の集中出店で従業員の採用が有利・物価が安い地方では仕入れ原料価格の抑えが出来・地方の原材料を使用した地産地消でメニューの魅力アップが出来る。

又、家庭の鍋でカレーの持ち帰りが出来たり、外食形式の店舗を運営しつつ、生餃子の持ち帰り店として稼ぐなど地方の消費者ニーズを取り込んだ営業が地域にしみついている。

スーパーにおける惣菜は外食同様な問題点を含み、人件費と食材の値上がりなどのコストアップ、主な客層は中高年が中心になる事から家計消費は伸びにくい中、?ドンキホーテや地方外食の良さを取り入れた政策が必要になっている。?

?<スーパーの惣菜・米飯・寿司>?

????????????????????

??????????????? <敬老弁当>

????????

*惣菜・中食街角通信は毎週日曜日に更新しています。 もっと詳細を知りたい方はhttp://asahi-kikaku.net/ をクリックして下さい。???