#かるた は #日本語 を覚えるのに最も優れた教材の一つです。お子様の #日本語文字 学習に〜 #初級日本語学習者 の方に〜 t.co/ry5a309Q6v - 八尾市|古本買取LP買取を日本全国へ:BOOKS CHANNEL公式ブログ

"かるた"は日本語を覚えるのに

最も優れた教材の一つです。

お子様が日本語文字を覚えるために〜

そして初級日本語学習者の方に〜[ご説明]ルール2人以上で行う。 取り札を平面(畳の上が多い)に広げ、取る人に見やすくする。 読み人が読み札を読む。 できるだけ早く、読み札に合った取り札を叩く(はじく、または押さえることもある)。先に叩いた方がその札を手に入れる(札を取る)。 全ての読み札、取り札がなくなるまで繰り返す。 より多くの取り札を取った方の勝ち。子供が文字を覚えるための遊びでもある。起源語源はポルトガル語だが、同様の遊戯は日本とポルトガルとの接触前からあったものと考えられている。元々は、平安時代二枚貝の貝殻をあわせる遊び「貝覆い(貝合せ)」である。これとヨーロッパ由来のカードゲームが融合し、元禄時代頃に今日の遊び方となった。日本のかるたは、16世紀末頃、筑後国三池(現在の福岡県大牟田市)で作り始められたと言われており、大牟田市には三池カルタ・歴史資料館がある。